生甘酒と出会う。

ある冒険者の、次の一歩」で、人体に迫る各種の汚染に負けたくないので、デトックス力を高めたいというようなことを書いたのですが、その後すばらしい出会いがありました。

伝統的製法で作られた、加熱処理をしていない生甘酒というものをいただく機会があったのです。

材料は米と麹だけ。原材料名の欄、めちゃくちゃシンプル。

摂り方はいろいろあるのですが、私は、牛乳で割ったものを温めて、寝る前に飲んでみました。

やさしい香りと甘さに、最初の一口で涙が出そうに……。お米のやわらかな粒々にも癒される。

あっという間に気に入って、毎日飲むようになりました。そうして起きた変化をまとめます。

 

まず、寝つきが大変よくなりました。

私は10年来の体調不良と不眠に悩まされており、各種の薬と、それから睡眠導入剤を飲まないと布団に入ってからも寝付くまでに平気で2~3時間たってしまうような状態でした。

薬を飲むと眠りに落ちるのはたしかに早いのですが、朝がつらいのです。

ずしっと頭に重い霧がかかったような状態でなんとか這い出るように起きるのは、慣れてはいるものの、気持ちいいものではありません。

それが、ホット甘酒ミルクを飲むと、薬とは違う、ふわっとした優しい眠気に包まれるようにして寝ることができます。

まだ睡眠導入剤は断薬できてはいませんが、以前の半分の量でよくなりました。

また、朝の目覚めも変わり、アラームが鳴る前にふっと目が覚めることも出てきました。頭も重くありません。

これだけでもメンタル面が確実に好転しました。「ううっ……だるいなあ……」から、「よし、今日もやれることをきちんとやって、楽しく過ごそう」へと気持ちが切り替わったことへ気づいたときの驚きを、もっと上手に伝えられたらいいのですが。

 

プラス、おなかの調子が断然よくなりました。

各種の薬の副作用で便秘になりがちなのを抑えるために、酸化マグネシウムという整腸剤のような下剤のような薬を処方されて毎日毎日、朝晩飲んでいたのが、こちらはゼロにすることができたのです。

それでも便秘になることは全くなく、毎朝決まった時間に、一瞬で、快便!!

おなかの中が本当にからっとスッキリする感覚は、一体いつぶりかなあという感じで、爽快爽快。

私は花粉症対策のために腸内環境をととのえたいとビオフェルミンSを昨秋から飲み続けているのですが、相性も非常によさげです。

これがデトックスにつながっているのではないかと思いますが、体の痛みや不快感もほぼ消えたので、その薬も飲まずに済むようになりました。

薬が大幅に減ったことで胃への負担も減ったのでしょう。以前にもましてごはんがおいしいです。

また、肌の調子もよくなってきました。

正確にいうと、甘いものをたくさん食べてしまったあとは、だいたい何日も吹き出物に悩まされるのですが、これもさっと出てさっと治るようになってきたように感じています。大きいものもできなくなりました。

これはまず甘いものを控えろという話ですが、なかなか徹底するのは難しく……とほほ。

食べてもすぐ余分なものを体から出してくれる感にだいぶ救われています。

 

それで、甘酒ってすごいんだなあと思ってスーパーの棚でも商品を見てみたのですが、??となるものも。

砂糖が入っていたり、人工甘味料が添加されていたり。

なんでこんなにいろいろ入ってるんだろう……米と麹だけであんなに美味しいのに。

というわけで、最初に頂いたものをまとめ買いして、冷凍保存し、毎日少しずつ飲んでいます。

糖尿を患っている方などには適していなかったりするようですので、もしこの記事を読んで甘酒を飲んでみようと思った方はご注意ください。そうでなければ日々少量を摂る分には問題ないとは思います。

いくら健康食品でも過剰摂取やそればかりに偏るのはよくないですね。

 

……というわけで、この春はなかなか気持ちよく毎日を過ごせております。

よく働いて、よく食べて、よく寝る。

シンプルイズベスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です