7割主義への転換

何事もペース配分が苦手な性分です。

仕事でも勉強でも、長期的にみて一番強いのは淡々と同じペースで同じ努力を続けていける人だと思うのですが、そうなりたいと思いつつなれていません。

どうしてもその日の体調や気分に左右されやすいのを改善する術はないかなあと考えていました。

そして自分なりになんとなく答えが出たので、書いておきます。

まずは自分のタイプを分析

自分を分析して、RPGゲームのキャラクターっぽく例えてみます。

・HPは少ない後衛タイプ。体力がないので軽装備

・ノッたときの一撃の威力は大きめ、ここぞというときにはやる

・しかしすぐにMPがカツカツになるので、回復アイテムガブ飲み or クールタイムが必要

という、PTに一人は欲しいけど、使い勝手がいいとは言えない系ジョブのようです。弓手とか魔導師とか、遠隔攻撃タイプ。

そういうジョブはそもそもソロプレイがちょっときついのが定石です。

しかしながら人生ソロプレイなのはもう仕方がないので、HUNTER×HUNTERのクラピカさんの言葉を借りれば「一人で戦いぬける力がいる」ということになります。

それは特殊なスキルがあるとか、強さにムラがあるとかじゃなくて、小細工しないシンプルかつオールラウンダーな強化タイプ。

(現在は……操作系とかかな……)

マンガの中では系統を変えたりもともとの系統と違う能力を身につけるのは難しく、またあまりメリットがないことでもありました。

ですが、現実世界では違います。より自分が生きやすいように少しずつ系統を変えていくことは可能なはずです。

現状の問題点

そもそも現在なにに不足を感じているかというと、体力のなさと、それによってたびたび起こるガス欠です。

先月頭からかっ飛ばして調べものやら語学やらあれこれやっていましたが、普段の生活にいきなりドカンとプラスするのはどうやらキャパシティオーバーだったようで。

ここ何日かすこぶる体調が悪いです。

これは過去何度も経験していて、たしかに集中している期間の効果は高いのですが、何かの拍子にガクンと調子が落ちると、電池切れのような状態になってしまうのです。

いったんそうなってしまうと、休むしか手立てはなく、グギギまたやってしまったぞと歯噛みすることになります。

自分のそういうパターンは認識しているにも関わらず、どうもやれるときにやれるだけやるという気質が優勢なようで、結果として極端な緩急がついてしまうのですね。

ぐったり休むとまた元の調子を戻すのにも時間がかかります。

改めて書いてみると、無駄の多い、もどかしい体力の使い方をしています。

では、これをどう軌道修正していけばいいのでしょうか?

意識を変える

まずは、調子のいい時にかっとばす癖から改めるのが早いのではないかということに思い至りました。

体力が……数字にして100あるとして、調子がいいからといって一日に95使うようなやり方をしていては、体の回復が追いつかないし、何か予想外のことが起きたときに対処できません。

確かにその日一日だけでみれば成果は大きいでしょうが、その後に体調を崩してまるまる一日とか二日を無駄にしてしまえば、差し引きマイナスです。

大事なのは長期的な視点。一日あたりに進む距離が少なくなっても、ダウンする日がなくなればペースの乱れもなくなり、結果的に遠くまでいけることになります。

……?

たしか似たようなことを……しばらく前に書いていた気がする……

毎日のことが人生になる。新しい習慣を身に付けるということ

2017.08.18

似たようなことじゃなかった。そのものずばりだった。

たった3ヶ月弱まえに書いたことを忘れる脳みそです。思い出しただけマシか……

まさにここにも書いてますが、調子のいいときでも使う体力は95じゃなくて、7割程度……70にとどめるのがいいのではと。

回復のための余力が30あれば、今のようなカツカツ状態とはおさらばできます。

今日の一番の重要ポイント。これからは7割主義でいこう。ということです。

体力だけでなく、気力にもそれくらいの余裕を持てる人間でありたい。

自分のことでいっぱいいっぱいなのではなく、周囲へ目配りする程度の余裕も持っていないと、人間関係などで無用なトラブルを起こしてしまいます。

常に殺気立ってるような雰囲気の人には誰しも近寄りがたいですもんね。

今の自分の体力から考えて、6割だと負荷が少なすぎ、8割だとちょっと多いかな……と、あくまで自分の感覚ですが、7割がちょうどいいと思っています。

ただ、それだけで終わらずに、ぜひとも進めたいもう一つの策があります。

プラスアルファの施策

7割主義への転換とともに進めたいのが、体力の底上げです。

使う力は常に7割と決めていても、そもそもの体力が増えれば、やれることも増えます。

私は長年デスクワークなので体力のなさには自信があります。弱いところだらけです。

本来ならばこちらを先に進めてしかるべきかもしれませんが、体力も一朝一夕でサクッと増えるものでもないので、7割主義と並行して進めていくしかありません。

この体力の底上げに関しては、在籍しているフィットネスジムに通う頻度を上げることと、食事内容に気を遣うこと、睡眠の質を上げることで達成していきたいです。

ジムに行くのを増やせば結局体力を使うのではないかとも思いますが、そこは、一日の中で無駄に体力気力・時間を使っていることはないか?を見直して、余分なコストをカットすることで対処する所存。

寝る前のスマホゲーとかね……真っ先にカットすべきところですよね……

まとめ

意識を変えるのも、体力をつけるのも、スイッチを押してポンと結果が出る類のことではなく、日々の積み重ねがものをいいます。

ただ、これまで調子がいいからとガンガンやっていた日に、ちょっと手をとめて、一息ついて、少しだけペースを抑えようとすることはそう難しくなさそうです。

限りある体力は有効に使い、ほどほどに温存し、ガクンと調子が落ちることを避ける。そうして一定の速度で歩き続ける。

一方で生活をととのえ、生活習慣を見直して体力を底上げする。

続けていくうちに、それまで一日に7割の力でやっていたけど、気づいたら同じことを6割5分の力でできるようになっているな?と感じたら、その分少し負荷を高め、また7割のペースをつくる。

小刻みに調整しながら、成長していく。

ずいぶんと理想を語っていますが、これは達成不可能な大きな夢ではなく、充分実現可能なことだと思います。

そしていつかは一発屋の後衛から、コンスタントに前衛で戦える戦士タイプに……!(またゲームの話か)



日用品から家電までカテゴリ別に探せる。
Amazonクーポン

毎日のタイムセール。チェックしてお得に
楽天タイムセール



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です