パスポート申請から取得まで、手続きの記録&まとめ

とにもかくにも海外へ飛び立つ最低条件はパスポート=旅券です。

一度だけ作ったことはあるものの、海外旅行もずっと行かなかったので、手続きに関してはさっぱり忘れていました。

一般人が通常持てる旅券は2種類。5年用(表紙が紺色)と10年用(表紙が赤色)です。

旅券(パスポート)申請に必要な書類と金額

旅券の申請に必要なものは以下です。だいたいどこの都道府県も同じじゃないかと。

申請される前はお住まいの場所のホームページ等でご確認ください。

①一般旅券発給申請書(旅券センター、または市町村役場にも置いてあります)

②戸籍謄本または戸籍抄本(1通)発行日から6か月以内のもの

③パスポート用の規格に沿った写真

④本人確認のための書類(運転免許証等)

⑤前回発給を受けた旅券(古いパスポート)

※有効期限が残っている旅券を持っていて、記載事項(本籍地の都道府県名、姓名、性別等)に変更がなければ、②は省略できます。

金額は5年用旅券が11,000円、10年用旅券が16,000円です。比べてみると10年旅券すごく割安ですね。

これは申請時ではなく、受け取り時に収入印紙+各都道府県の収入証紙で支払います。

旅券センターの近場に売店があるかと思うので、受け取り当日に買えばいいですよ。

古いパスポート(期限切れ)を捨ててしまったときは?

ところで知ってましたか?失効した古い旅券は捨ててはいけないことを……

私は知りませんでした。

新しい旅券を申請する際、窓口に古い方を渡して、失効処理をしてもらわないといけないのです。

パスポートは本来は個人のものではなく、国の所有物なので、勝手に処分しちゃーだめですよってことみたい。

わたしは普通に燃えるごみに出してしまった模様です(覚えてすらいない)あなたはこんな間違いをされないようお気を付けください。

申請書に、古い旅券番号を書く欄がちゃんとあります。困ったな。

外務省に問い合わせれば古い番号はわかるそうですが……

外務省:パスポート番号等を請求される方へ

一応、外務省に問い合わせる前に、地元の旅券センターに電話で問い合わせてみました。

結果としては、間違いなく期限が切れていれば、そう大きな問題ではなさそう。

記憶をたどれば、成人して早々に作ったあの懐かしのパスポート……頭に残っているイメージでは紺色の表紙……てことは5年旅券。

うむ。間違いなく200%期限切れです。

一枚だけ書類を追加で書く必要があるものの、名前と生年月日から過去の旅券番号を調べて窓口で記入してくれるので、自分で外務省まで問い合わせる必要はないとのこと。

※実際に窓口では追加の書類を書くこともありませんでした。これは有効期限の残っている旅券の場合のお話だったのかもしれません。

くどいですが、心配な方は窓口に問い合わせてみてくださいね……

所持人自著(サイン)はローマ字か日本字か?

申請書に書く「所持人自著」が、そのまま旅券に転写されます。ローマ字表記か日本字表記か?どちらでも可です。

さて、ここで私は迷いました。どちらがスタンダードなのでしょう。

ググってみたところ、ローマ字派、日本字派のほかにもひらがな派がいる様子。

ローマ字だと誰でも真似できてしまう(偽造のリスク)とか、といっても日本字で書いても中国人など漢字を書き慣れている人には容易に真似されてしまうとか、その点ひらがなならば、あの曲線が他国の人には真似しにくいので安全とかなんとか。

迷いましたが、偽造はおいといて、もっとも実用性の高そうな「クレジットカードに書いてあるサインと同じにする」という意見を取り入れました。

お店の人がきちんと「あ、同一人物ね」と判断しやすいのが一番かなと思ったもので。

パスポート用の写真は、特にここに注意

写真の裁断と貼り付けは窓口で行ってくれるので、申請書に貼らずに持っていきましょう!

言うまでもありませんが、旅券は外国において唯一の身分証明書になる重要なものです。その本人確認のために写真が果たす役割は大きく、サイズ等も規格がきっちり決まっています。

デジカメで撮影したものでもいいですが、画質がいまいちな場合は撮り直しする羽目になるので、おとなしくそこらのお店にある証明写真の箱に入って撮ってくるのが楽だと思います。

以下に撮り直しの多い例を挙げます。

・汚れや傷、変色のあるもの

・顔や頭の一部が隠れる装飾品があるもの

幅広のヘアバンド、太いフレームの眼鏡、イヤリング、ピアスなどで顔の隠れる部分があると「不適切」。ボリュームのあるタートルネックでアゴが隠れるのもだめですよ。

・目元がはっきりしないもの

眼鏡の方は、色つきレンズがNGです。また、レンズの反射やフレームに隠れたりして、目がはっきり写っていないものも×。前髪や、前髪の影が目にかかっているのも不適切です。

・カラーコンタクトレンズを使用しているもの

いわゆる赤目状態で写ってしまった写真も、通常時とちがうということで、NGです。

本人確認のための証明写真ですから、顔や輪郭がしっかり確認できないと意味がないですもんね。

顔の向きにも気を付けてください。真正面を向いて、フレームの真ん中に収まるように撮りましょう。あと、笑いすぎ注意。普段の表情と差がありすぎるとよろしくないらしい……

LiQの心配だった項目

あと私がちょっと「大丈夫かな?」と思った項目がこれ。

・テカリやムラ、影のあるもの

テカリ!!

これの何が心配かというと、いま、使用中のファンデーションがさりげなくツヤ感を出してくれるというものなんです。

証明写真でパシャッとライトが当たるとそれがテカリにならないかな?と不安がよぎったわけです。

県のホームページを参照すると、テカリNG写真の例が、別にそんなにテカってないじゃん……という程度だったので。

さすが旅券用の写真となると神経質にならないといけないんだなあと素直に思いました。

しかし問題が。

問題① わたしが持っているファンデーションは、上記のツヤ感ファンデ1種類のみ

塗ればツヤが出てしまうなら、すっぴんで挑む、あるいはファンデは塗らずに下地 + 粉だけで化粧を仕上げる、という手がありますが……

問題② 10年も使う旅券写真をすっぴん肌ですませるのにはものすごく抵抗がある

ちょっとね。30もとうに越えてますし、できるだけ肌のアラはカバーしたいので、やっぱりファンデは塗りたいです。

解決策:ファンデは普通に塗って、ティッシュで軽くおさえる + お粉をちょっと多めにはたいて、普段よりマットな質感にする

……という手で乗り切りました。そして見栄を張って美肌モードもしっかり利用しました。900円なり。

乗り切ったと思ったんですけど、やっぱりおでこと鼻はテカりました。NG写真例と同じくらいテカったよ……

ダメか?NGを出されてしまうのか?

気になる結果は?

どきどきしながら窓口へ申請書と写真を持参しました。

旧旅券番号以外に不備はなく、写真に関しても「ちょっとこの……テカリがねえ……」なんて言われることもなく、無事申請完了。

よかったー。テカってたけどよかったー。ていうか、いいんですね。なんか過剰に心配して損した感が……

あ、旅券は申請してから受け取りまでに、窓口の営業日換算で6-8日かかります。

無事、日本国旅券(10年)を取得

このような手続きを経て、2回お役所に顔を出し、パスポートを取得してまいりました。

現在はICチップも入っているんですねえ。壊さないように気を付けよう。折り曲げたりとか。

かかった料金は、戸籍謄本¥450、証明写真¥900、パスポート発行¥16,000……合計¥17,350でした。

パスポートがあるだけでは何もできませんが、何をするにも必要なのがパスポート。

これを持って、さて、まずはどこへ行きましょう。

当座の計画としては来年から、各国を少しずつ巡ってくるつもりです。

「もし海外移住をするとしたら?」という視点になると、単なる観光とは見る場所やチェックすることがだいぶ違ってくるので、そちらも追々レポートにまとめていきたいです。

Result!

LiQはアイテム「【だいじなもの】にほんこくりょけん」をてにいれた!

えいごはひきつづきひっしでべんきょうちゅうだ!



日用品から家電までカテゴリ別に探せる。
Amazonクーポン

毎日のタイムセール。チェックしてお得に
楽天タイムセール



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です