毎日のことが人生になる。新しい習慣を身に付けるということ

新しくスキルを身に付けようとするとき、未知の分野を学ぶときは慣れるまでがつらい。

面倒だな・あとでやろう・また明日がんばろうの三大ワードと日々戦うことになるからだ。

考えてる間にさっさと取り掛かっちゃえばいいものを、腰が重くてやんなっちゃうね、どうも。

そして結局やらなかった日は、さぼってしまったという自己嫌悪の気持ちだけがずっと残る。

一日休んでしまえば、ずるずるともう一日、また一日と間があく。

それが続くと、もしかして私ってダメな奴…?と落ち込んでしまう。

新しい習慣を生活に取り入れるのは、本当に難しいなあ。

でも、続ければ続けるほど、負担は減っていく。楽になる。これまで身に付けてきた習慣はそうだった。

何も考えず自然に取り組むことが日常になってさえしまえば、その物事は習慣づけることに成功したといえる。

継続により蓄積されるものの強大さは計り知れない。

継続は力なり。継続こそ力なり。毎日の習慣ほど、のちのち大きい成果をもたらすものはない!たぶん。

一日おきに1歩進むのと、毎日0.7歩進むのと、どちらがより遠くまでいけるか計算してみた。

最初はささいな差かもしれない。でも一年後、365日経過した時点のことを考えてみよう。

スタート日から一日おきに1歩すすんだ場合…

365日経過後:182.5歩

スタート日から毎日0.7歩すすんだ場合…

365日経過後:255.5歩

たった一年でこれだけの差がつく。1歩を、1時間の学習にたとえれば、一年で73時間も違いがでるのだ。

さらに、覚えた知識の定着度の問題もある。できるだけ間があかないうちに復習することで、定着度はぐんと高まる。

そのことも考慮すれば、実質的な差はもっと大きくなるだろう。

つまり、とにかく毎日続けることが最強必勝パターンといえる。

でもそれが難しいから困ってるんだよなぁ。

自分のやる気にはムラがある。根気がないという自信がある。まったく自慢にならない。

それでもなんとか、新しく取り組んだ物事を習慣になるまで続けたい。

だからどうすれば続くか考えた。

・7割程度の力(気合)で取り組むようにする

毎回全力でやろうとすると、疲れてへばってしまう。それを毎日繰り返すのは当然億劫になってくる。

だから、あんまり「やるぞ!」と気合をいれないようにする。気分の波をつくらない。できるだけ余計なことを考えず、フラットな気持ちで。

余力を残すことを重視する。そうすればぐったり疲れないですむ。

・キリのいいところまでやっちゃおうと欲張らない

問題集を○○ページこなそう!とか、ここの章まで読み終えてしまおう!とか、区切りのつくところまでやりたいという意識があると、上の「7割の力」を超えてしまう。

ふと集中がとぎれたり、体のどこかが疲れを訴えたりしたら、もうそこで休憩する。無理しない。

大事なのは、今日のうちにここまでやる、ということではなく、毎日続けることなのだから。

慣れれば自然と量はこなせるようになっていくはずという憶測のもと。

・完璧を目指さない(重要)

参考書一冊分、覚えたいことがあったとする。

最初からじっくり読み込まない。スミからスミまで完璧に覚えようとしない。よく自分のやりがちなミス。

これにとらわれると、十中八九途中で息切れして後の方ほど頭に残らない。

たとえば学生時代の歴史の教科書でいうと、やたら縄文時代だけ詳しくなって、近現代がスカスカというありさま。それってどうなの。

理数学科のように、とにかく最初からの積み重ねや基礎が大切な分野はこれにあてはまらないけど、LiQは数学アレルギーなのでそこは脇に置いておく。

ざっとこんなところだろうか。

始めたばかりのことを熟練者と同じようにこなせるわけがないのに、それを無意識のうちに求めてしまう、達成困難な理想が根本にあるみたいだ。

それじゃあ挫折するのも無理はない。

今回あらためて考えてみてよかった。実際に、しばらく念頭において日々やってみよう。

マザーテレサの格言に、習慣に関連したものがある。

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

思考→言葉→行動→習慣→性格→運命 という流れに納得。

習慣は人生を、ひいては運命を変えるのだ。



日用品から家電までカテゴリ別に探せる。
Amazonクーポン

毎日のタイムセール。チェックしてお得に
楽天タイムセール



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です