スマホをやめてガラケー生活に戻ろうかと

タイトルを読んで字のごとくですが、発端は使っているiPhone 5Sがそろそろ寿命ではないか……と思われること。

次はどの機種に替えようかなと思っていたのですが、新しいiPhoneはどれもサイズが大きすぎるのが問題。そもそもiPhoneかAndroidか……

と考えていったとき、「……まてよ?」となりました。

スマホって……そもそも、必要?

2018年。欲しいのは心の平穏」でも書いたように、今の自分は心の平穏を必要とし、また得た平穏を保ちたいと思っている。

では、平穏な生活から遠ざかる要因を、一つずつ自分の生活からなくしていこうかと考えたときに、真っ先に思いついたものは?

私の場合は、スマホでした。

目の前の風景、人、物よりもついつい目を向けてしまう、気を取られてしまう小さな端末。

絶え間なく入ってくる何かしらの通知。

小刻みに生活を分断され、この物体を手に入れたことで生活は豊かになったのかどうなのか、ふと疑問に思いました。

誰かにイイネ!したりされたり、最新のニュースをチェックしたり、流行を追いかけたりすることが、日々の生活より大事なのか。

ゲームはもともと好きだけど、それはわずかな時間を縫うようにプレイしないといけないものか。

いつでも手の届く範囲に置いていないと不安になり、自分がスマホを所持しているのか、スマホに所持させられているのか。

……もちろん、スマホが悪いわけではありません。スマホに支配される方がよくないのです。

ただ、今となっては、スマホに替える以前の生活が懐かしいと思うようになりました。

いつも誰かとつながっているわけではなかった世界。インターネット社会は自分とは別のところにあって、そのぶん現実世界はもっとリアルで色濃いものでした。

その生活に半分ほど戻そうかと、スマホにさわる時間をできるだけ減らしています。

最終的にはガラケーに回帰するかもしれません。ガラケーがまだ生産されているのかどうかはわかりませんが、ゼロではないと思いたい。

きっと似たような考えでガラケーを使いたい人もいるはず!たぶん!

スマホを手放したら、どんな気分になるのでしょう。PCは持っていますから、ネットは利用できます。

が、スマホよりも格段に、「つながる」時間は減るはずです。

そうして変わる生活は、自分に何をもたらすでしょうか。

人と(ネットで)つながる時間を減らし、自分と向き合う時間を増やすことは、きっと無駄ではないのでは?と思っています。

時代に逆行するような思いつきではありますが、これもまた一興。しばらく試してどうにも不便ならば、またその時考えればいいかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です